○○スクール

                   

  • 神様に守られています
     
    毎日、お祈りから一日が始まります。
    欠席しているお友だちのこと、家族のこと、自分のことを祈り、すべてのことに感謝します。



  • 心も体も元気!!
     
    園児は勿論、先生たちも元気一杯。園内は1年中、裸足。冬もインフルエンザに罹らない。
    なんと、昨年全園児の2割が皆出席児!その原因は遊びと心と食にあり!




  • みんなちがって、みんないい
     一人ひとり顔も性格も違う。洋服、靴、鞄、遊び方やしゃべり方、みんな違う。
    それをみんなで認め合って自分らしく居て、いい場所。
    ハンディをもった子も当然いる。とても居心地がよく、開放的。




  • 子どもたちは信頼されている
     
    けんかをしても子どもたちで解決する。
    ダンスの振り付け、劇のセリフ、運動会の競技だって子どもたちで考える。
    母の日、父の日のプレゼント、クリスマスプレゼントもみんな子どもたちが考えた手作り。



  • 与えられた環境で充分
     
    2階には洗面所がないので、バケツを持って行く。
    園庭で裸足で遊んだ後は、たらいの水で足を洗う。
    便利すぎる今だからこそ、大切なことを学んでいます。



  • 食は命の源
     園の畑で野菜を育て、収穫し、クッキングします。
    年少から包丁を持つので、年長にもなれば、お手の物。
    給食は玄米と園児手つくりの味噌のお味噌汁を頂きます。
    誕生会には、園庭のかまどで炊いたお釜のご飯でお祝いです
    牛乳は飲まず、美味しいお水と煮干や炒り豆のおやつを頂き
    手つくりのおやつ(おはぎやふかし芋、おにぎり)の時もあります。
    なるべく、小麦粉、卵、牛乳を使わず、米粉と豆乳を使うので
    アレルギーのお子さんも安心です。



  • 五感を鍛えます
    砂、泥遊び、ザリガニ釣りに落ち葉拾い、自然散策。
    神様が造られた自然の中で遊ぶことによって、五感が育ちます。



  • 共に育つ
     
    成長するのは子どもだけではありません。
    子どもたちと一緒に生き、育ててもらっている大人(先生、保護者)がいます。



  • 毎日、お残りできます
     
    保育後、16時すぎまで園を解放しています。
    お友だちと遊びたい、おうちの方の都合など、どんな時でもお残りできます。
    小学生も遊びに来ていることもあります。



  • 地域に根ざす
     
    ご近所さんのお陰で、子どもたちは安全に元気で過ごしています。
    花の日にはお花を持って、クリスマスには讃美歌のプレゼントをしたり、コンサートにもお招きしています。




  • アットホームで開放的
     保護者会活動は保護者の方々の自主性に任されています。
    できる時にできる人がする、のがモットー。楽しく、和気藹々と。
    バザーやお父さんと遊ぼう会、親子バーべキュー大会や親子キャンプなどを通して、家族ぐるみのお付き合い。保護者同士、仲がいいので、子どもたちも幸せ一杯です。



     



I トップ I 園の特徴 I 年間行事 I 園の場所 I スタッフ紹介 I 先生の日記I はじめのいっぽ I 入園案内 I りんくI お問い合わせ I