高源院の「運営理念」
法話や講演会、通信誌等の紙媒体にSNS 等あらゆるコミュニケーション媒体を通じて、
苦悩に満ちた娑婆世界に仏法の光を照らし、人々の心の声に耳を傾けながら、
誰一人として取り残されることなく、救いの手を差し伸べていけるお寺を目指しています。
最終更新日
7月27日(火)
「仏教講座」を更新しました
法要解説―儀式に学ぶ―「通夜・葬儀 第30回」をUPしました。
お知らせ
令和3年7月1日 相伝「一ツ灸」・“おうちで一ツ灸” 御礼
去る7月1日(木)、‟おうちで一ツ灸”を開催させていただきました。ご参詣くださった皆様、告知にお力添えをくださった方々に心より御礼申し上げます。

尚、当日、ご参詣が叶わなかった方で、「一ツ灸セット」をお求めの方は随時、受付いたしております。 詳細等はこちらまでご連絡ください。   高源院住職 川端 孝法 拝

一ツ灸セット
更新履歴 リンク
目  次 内    容 「一ツ灸」のお寺





曹洞宗 高源院
高源院について
お寺の情報を公開しております。
 (以下をクリックしてご覧ください。)


・歴史 
・住職
馬坂不動尊 高源院のご祈祷所について
交通案内 高源院までの道程について
一ツ灸 毎年7月1日早朝5時より執行
高源院最大のイベントについて
やすらぎの会
(坐禅会)
高源院で開催中の「坐禅会」について
(毎週日曜日夕方17時~18時)
《背景》「アジサイ」【令和3年6月27日撮影】

早朝、高源院への道程、鮮やかな色彩が目を引く。あちこちに咲き誇る梅雨時期の象徴の花。
今年は春も夏も花の彩りが美しい。
「コロナさえなければ・・・。」と観ずる瞬間。
工事 高源院の伽藍修繕について 今月のことば
NEW


一行三昧(いちぎょうざんまい)」【書:住職】

一つの行について、その道を体得できるまで徹底的にやり続けることの大切さを説いた禅語です。

―どんな道にも“困難”はつきもの―
そんな“困難”に出くわしたとき、私たちはついつい、弱気になって、道を歩むことを諦めようとしてしまいます。

しかし、諦めたら終わりです。諦めたら負けです。
なぜならば、それ以上、先に進めなくなるからです。

どの道を見ても、簡単にゴールまでたどり着けるような短くて単純な道はありません。どれもが険しくて、複雑で、長い道ばかりなのです。

―「道」とは、そんなものだと受け止めて―
困難がつきものの道を、困難に負けることなく、しっかりと乗り越えながら、歩んでいきたいものです。
今月の法話 住職が他寺院様等からご依頼をいただいたご法話をご紹介させていただきます。
仏教講座
NEW
曹洞宗の主な経典、法要を解説します(以下をクリックしてご覧ください。)

・経典(お経)に学ぶ
NEW
・法要解説 -儀式に学ぶ-NEW 
・人に学ぶ
ブログ
工事中
現在、新しいブログ開設の準備中です。
facebook
高源院のfacebookページ
掲示板 高源院へのご意見・ご感想はこちらへ
今月の一枚
「金沢百万石まつり」



【左】加賀とび行列 【右】百万石行列(利家公を演ずるのは俳優・保坂尚希氏)(平成29年6月3日撮影)
1583年6月14日に加賀藩々祖・前田利家公が金沢城に入城したことにちなんで営まれる金沢の祭礼。大正期の金沢市祭(1923~1945)と戦後・GHQ指導による尾山まつり(1946~1952)を経て、1952年(昭和27年)より現在の形態となる。祭礼は毎年6月の第1土曜日を中心に前後3日間にわたって営まれ、利家公の金沢城入場を再現し、金沢駅鼓門を出発し、金沢城に入城する「百万石行列」始め、その前夜には加賀友禅灯ろう流しや子ども提灯太鼓行列、その他、百万石茶会などが開催される。

尚、メインの百万石行列では、前田利家公と正室のお松の方には著名俳優が起用される。第69回目となる令和3年は利家公を俳優・竹中直人氏、お松の方を女優・栗山千明氏が演じる予定だった。

尚、今回は新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置を受けて、昨年に引き続き、2年連続での中止となる。