◆ 保育理念


そのままでいい
    〜自然も人もみんなみんな宝物〜


私たち田上こども園は、
 ・さまざまな環境(人、物、自然、空間、時間などすべて)の中で、子どもの個性を受けとめ、一人ひとりに応じた手助けをしていきます。
 ・いつも、心の声に耳を傾け、学び、協力しあい、共に歩み続けていきたいと思っています。
 ・そして、いつの日も、子ども達、保護者。地域の皆さんと手をつなぎ、心のわ(和・輪)を広げていきたいと願っています。
 


一人ひとり、みんな違ってあたりまえです。
そんな一人ひとりの姿をそのまま受け止めることで、安心してこども園で過ごしてほしいと願っています。




◆ 保育方針


・子どもが健康、安全で情緒の安定した生活ができる環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、
 健全な心身の発達を図る。
・養護と教育が一体となって、豊かな人間性を持った子どもを育成する。
・家庭や地域社会と連携を図り、保護者と協働して保育所保育・家庭保育の充実に努める。
・地域における子育て支援のために、乳幼児などの保育に関する相談に応じ助言するなどの社会的役割を果たす。




◆ 保育目標


人間としての基本的な能力と、学力の基本となる次の5つの力を、「毎日の生活と遊び」を通して身につけることを、保育の目標にしています。

保育目標(めざす子どもの姿)
 ・自分で考え、自ら行動する
 ・様々なことに興味や関心を持つ
 ・ものごとに意欲的に取り組む
 ・人を信頼し、人と一緒にいることを喜ぶ


保育を通して育てたい5つの力(6歳までに育てたいこと)
 
・人の話を聴く力・話す力
 ・集中力
 ・ルールを理解し、守る力
 ・良い人間関係を作る力
 ・五感を使い、感じ取る力




◆ 保育の特色


私たちは、田上こども園が子どもたちにとって、安心して生活でき、やりたいことがたくさんある場所であってほしいと願っています。子どもは、人間として生きていくための
力のほとんどを、毎日の生活と遊びを通して学んでいきます。あたたかい人間関係と秩序ある生活、良い絵本や優れた遊具に囲まれての豊かな遊び、毎日繰り返される
自然な流れの中で、人間として生きる力を獲得していけるように良い環境を提供し、一人ひとりの発達を助けていくことを大切にしています。

◆育児担当保育(0〜2歳児)
 子どもが安心して生活できるように、0〜2歳児の排泄と食事は、毎日同じ職員が関わっています。

◆異年齢保育(3〜5歳児)
 小さい子は大きい子をモデルにして刺激を受け、大きい子は自分より力の弱い子がいることで優しさを発揮し、自信をつけていきます。年長の子どもには、大人が良い
 モデルになり、遊びが発展するように関わっています。

◆運動遊び(3〜5歳児)
 月1回、運動遊びの日があり、クラブぽっとのインストラクターの方に運動を教えていただいています。遊戯室や園庭の活動では、鉄棒やなわとび等、自分の課題に
 挑戦できる環境を用意し、運動好きな子どもに育つように配慮しています。

◆遠野のわらべうた
 岩手県の遠野では、子育ての方法として、わらべうたが伝承されてきました。こども園では、保育者がこどもとわらべうたを楽しみ、人間として生きるために必要な7つの
 芸や、社会に出て恥ずかしい思いをしなくてすむ5つの力が育つよう関わっています。

◆年間はだし保育
 はだしで過ごすことで「土踏まず」の形成を促します。足の裏の「つぼ」を刺激するので、大脳の働きが活性化します。

◆仏教保育
 戦時中の農繁期に、浄土真宗のお寺(仏真寺)で子どもをお預かりしたのが田上こども園の始まりです。他宗教の子どもも尊重しながら、仏教行事等を通して、仏教に
 親しんでほしいと願っています。

◆テレビ番組やキャラクターの取り扱い
 好きだからといってお菓子やジュースばかりを与えないのと同じで、こども園ではテレビを忘れて、「テレビ以外にもこんなに楽しいことがいっぱいある」という経験を
 子どもたちにしてもらいたいと願っています。
 現在は、世の中のあちらこちらにキャラクターがあふれています。こども園における生活では、TVやキャラクターの世界から離れた環境でありたいと考えています。
 人と人とが関わり、生の言葉に接し、自然と触れ合う等の豊かな環境と体験を大切にしていきたいのです。
 キャラクター(○○レンジャー・サンリオ・ディズニー 等)は、装飾や職員の服装に使わないようにしています。




◆ 概要


◆開園時間   午前7時〜午後7時(標準時間保育最大)
◆保育時間   勤務時間+通勤時間
◆休園日    日曜日、国民の休日、1月1日〜3日、12月29日〜31日

個人情報についてはこちらをクリックしてください → 個人情報保護方針




◆延長保育   勤務時間等の関係で、より長時間の保育を必要とするお子さんのために実施しています(有料)
◆乳児保育   産休明け(2カ月)よりお預かりします。
◆統合保育   発達のゆっくりとしたお子さんや、身体機能に若干の障害を持ったお子さんを、園児と保育者との応援でお預かりします。
◆年末保育   勤務等の関係で、12月29日、30日に保育を必要とするお子さんのために実施しています(有料)








トップ