経営者略歴・業績

専門


 材料力学、粘弾学、 
 プラスチック成形プロセス

著書


@材料力学の学び方・解き方共立出版、1995(共著).

A樹脂の発泡成形技術、技術情報協会、2001(共著).

B超臨界流体の全て、テクノシステム、2002(共著).

Cわかりやすい材料力学の基礎、共立出版、2003(共著).

DHandbook on ResidualStress、Society forExperimental Mechanics,Inc, USA、2005(coauthor).

E発泡成形、情報機構、2008(共著).

F自動車部材への応用を中心とした樹脂発泡成形技術と適用例、技術情報協会、2009(共著)

G高分子材料の劣化と寿命予測、サイエンス&テクノロジ−、2009(共著).

H機械屋のための分析装置ガイドブック、コロナ社、2012(共著).

Iプラスチックの粘弾性特性とその応用−成形不良対策/発泡制御法、共立出版、A5版、全313p、2013(単著).



J動的粘弾性チャ-トの解釈、技術情報協会、2016(共著).

K高分子の残留応力対策、技術情報協会、2017(共著).

L発泡樹脂、技術情報協会、2018(共著).

M発泡プラスチックの技術と市場2019(ガスアシストによる射出発泡・中空・圧空成形の原理と現状)、シ‐エム‐シ‐出版、2019(共著).



所属学会


・日本機械学会:永年会員 (平成15年度(第81期)〜平成16年度(第82期):評議員).

・プラスチック成形加工学会(平成13年度〜:評議員、平成10年〜:論文査読委員).

・Cellular Polymers (UK):Editorial Member.

・1999年:プラスチック加工学会より功労賞受賞.         

・2000年:SPEより貢献賞受賞.        

・2009年:エレクトロニクス実装学会論文賞受賞、先端加工学会論文賞&技術賞受賞.

経営者略歴


・1974年3月 金沢工業大学機械工学科卒業、
         その後、同大学助手、同大学博士
         程修了(工学博士受)、講師、助教授
         を経て
・1991.8月-1992.9月 マサチュ-セッツ工科大学
                 (M IT) 客員研究員
・1994年4月 金沢工業大学教授
・2012年6月 金沢工業大学 名誉教授
・2008.7月-2021.6月 (株)SMS 代表取締役
・現職     事業 : コンサル SMS 代表
                   金沢工業大学・名誉教授・工学博士

主研究テ−マ&業績


主研究テ-マ

1.プラスチックおよびプラスチック系複合材料の成
    形過程で生ずる残留応力の発生メカニズムの
    解明
    *新射出中空・圧空・液状発泡技術の開発  
        (2015.4〜)

2.マイクロセルラ-プラスチック(超微細発泡)のプロ
    セッシングに関する研究
    *超臨界発泡押出電線被覆装置の開発 
        (サポイン事業2015.4-2018.3)

研究論文

・新保、他3名、”発泡体の曲げ破断強度の向上に寄与する気泡微細化効果”、成形加工、23-11、pp.685-690、(2011).
・新保、他2名、”発泡ポリプロレンの気泡径、気泡数に関する減圧時間と発泡温度の等価性”、成形加工、22-9、pp.519-523、(2010).
 
 上記1.2.のテ−マに関する論文多数(著書Iをご参考下さい).

参考URL

・新保 實 特許関係
 http://www.datangraph.com/page/147312
・発泡ポリスチレン製ド−ムハウス,ジャパン・ド−ムハウス(株)
 https://www.isico.or.jp/i-maga/journal/i110563.html
・サポイン事業:細く軽くノイズに強い電線のための超臨界発泡
 押出電線被覆装置の開発 
 https://www.chusho.meti.go.jp/sapoin/index.php
 /cooperation/project/detail/1821
・日本経済新聞記事
 https://r.nikkei.com/persons/%E6%96%B0%E4%BF%9D
 %E5%AE%9F